犬の毛包虫症の原因や症状・治療方法

犬の毛包虫症の原因や症状・治療方法

毛包虫症という犬の病気があるのですが、その原因や症状、治療方法についてご紹介をしていきます。ニキビダニともいわれている毛包虫が、皮脂腺や毛包などに寄生することが原因になっており、症状として炎症を起こしてしまいます。そのため、ニキビダニ症と言われることもあります。ニキビダニは、とても小さく、成虫でも0.3mmほどの大きさしかありませんから、発見しにくいんですよね。

 

現在のところ感染してしまう原因として見つかっているのは、母親から受け継がれてしまっているというものです。帝王切開で出産した子犬や死産の犬、母親から話されて育てられた子犬からはニキビダニが見つかっていません。ですから、母親の犬の肌に寄生しているニキビダニが子犬に寄生してしまうことが原因になっているのではないかと考えられています。

 

局所型の毛包虫症の場合は、生後3ヶ月〜半年ほどの間に発症する傾向があり、全身型の場合は免疫力が弱っているときに発症することが多いです。毛包虫症は、口や目の周りや足の先端部分、胴体で発症しやすく、膿疱ができてしまったり、フケが大量に出る、ただれや炎症が出るなどといった症状があります。

 

これ以外にも、発症部位が脱毛してしまったり、症状が重くなると膿皮症に発展してしまうこともありますから、早めに治してあげたいところです。治療方法としては、子犬の場合は、8週以内に自然に治るとされていますから、経過観察で必要に応じて治療が行われることになります。

 

それでも、治らない場合や成犬の場合は、殺虫作用がある薬が用いられます。この他にも、薬浴をしてニキビダニの殺菌をして治療を行うこともあります。