イヌの体臭が強くなってしまう原因って何?

イヌの体臭が強くなってしまう原因って何?

以前よりも犬の体臭が強くなってしまっていて気になっているという方もいるのではないでしょうか?この大衆が強くなってしまう原因や、体臭を改善させるための方法について今回ご紹介をしていきます。その原因の一つとして考えられるのは、食べているドッグフードです。

 

人間でもそうですが、食事内容次第で体臭が強くなってしまうことがあるのです。例えば、犬が消化を苦手としている食べ物や、添加物が配合されているものを普段から食べていると、腸内環境が悪くなってしまいます。そして、腐敗物質などが血液へと流れ、毛穴から臭いを放つようになってしまいます。

 

二つ目の原因として、しっかり洗ってあげていないことも挙げられます。犬は人間よりも発汗しにくいといわれていますが、全く汗をかかないわけではありません。また、人間同様、アポクリン汗腺とエクリン汗腺がありますが、体全体にワキガの臭いを放つアポクリン汗腺が存在しています。他にも皮脂も分泌されるのですが、汗や皮脂の臭いによって、体臭が強くなってしまうこともあるのです。

 

ですから、特に汗をかきやすい季節は定期的に体を洗ってあげるようにしましょう。定期的に洗ってあげているにも関わらず体臭が強くなってしまっているのであれば、犬とシャンプーの相性が悪いことが原因になっているか農政もあります。犬の肌質や毛質によって、シャンプーとの相性が悪いということもあるのです。

 

相性が悪いシャンプーを使ってしまっていると、肌の乾燥やフケの大量発生、皮脂の過剰分泌などのような症状が出てしまうこともありますので注意してください。この場合は、シャンプーを変えてあげることで改善されることが多いです。そして、犬の種類によっても体臭の強さというのは違っています。例えば、ポメラニアンやパグ、ブルドックなどのような、短毛種は体臭が強くなってしまうことが多いです。